Skip to content

川崎フロンターレ 2016新品発表された

10月14日、2016年シーズンの新ホーム川崎フロンターレユニフォームを発表。サプライヤーは「Puma」。

2016年にクラブ創設20周年を迎える川崎フロンターレ。新ユニフォームはクラブ創設時のユニフォームデザインをベースに作成され、創設時の水色と黒のストライプ柄を採用した。襟は白で水色と黒の波線が入っている。

2月18日にクラブは背中裾スポンサーがインターネットサービス事業者「ニフティ株式会社」に決定した事を発表した。

デザインには「原点回帰」を合言葉に、1997年創設時に着用していたユニフォームをモチーフに採用。右袖の「明治安田生命Jリーグ」エンブレムは織りワッペン縫い付け。20周年記念ワッペン、エンブレムは樹脂ワッペン圧着。両袖のスポンサーロゴは織りワッペン縫い付け。フロント、背面上のスポンサーロゴは昇華プリント。

ユニフォームはポロネックを採用し、ブルーとブラックの縦縞を利用して、選手の元気を現しています。胸前にスポンサー名「FUJITSU」をプリントしています。

このユニフォームはオフィシャルサイトで10000円以上販売していますが、今6000円で持ち戻れますよ。自由にマーキングも可能で、オフィシャル書体対応しますね。

フロンターレが気に入らない場合は、j リーグ ユニフォームの中で、どちらでも選択できますよ。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です