Skip to content

セレッソ大阪2016シーズンユニフォームを発表された

セレッソ大阪ユニフォーム2016 半袖は桜のピンク色を採用し、非常に優しい色で、Pumaによると、ホームユニフォームは太めのボーダーを採用し、肩から伝統的な「アパレルフォームストライプ」が取り入れています。チームの名前とふさわしいデザインですね。

袖の部分もパイピングはシャツを出して着用した際にアクセントになるデザインされたものです。カジュアル性も重視するこの新ユニフォームは注目される原因となります。

アウェイのユニフォームは白を基調に、C大阪と関係が深く同じPumaがサプライヤーを務めるドルトムントの2015-16ホームとデザイン的に連動したピンストライプのボーダー。前モデルもだが、オフィシャルでそのような説明がなされているのが珍しいです。

ホームとアウェイユニフォームのデザインは大体同じですが、カラーはすっごく違います。白いより、私にとってやっぱりホームのピンクシャツがもっと好きです。アウェイの本身には横縞デザインを加えて、ちょっと複雑だと思っています。シンブルなデザインは現在の人間の中でもっと人気があるでしょう。

ピンクのセレッソ ユニフォームが欲しいなら、以下のリンクを押してください。

セレッソ大阪 ユニフォーム 2016 ホーム 半袖

 

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です